ガスコンロやガス給湯器などのガス機器は、経年で劣化して突然故障をすることがあります。給湯器から水漏れをしていたり、ガスコンロの火力が安定しない場合は早めに専門店に修理を依頼しましょう。
比較的新しい商品の場合は買い替えは必要なく、部品の交換で対応できるケースが多いです。購入してから3年から5年以内の商品の場合は、部品を交換することで長持ちさせることが出来ます。事前に電話で申し込んでおくと、スタッフが見積もりを表示してくれるので安心です。

ガス機器の修理のタイミング

ガス機器の修理のタイミング ガスコンロやガス給湯器などのガス機器は、生活に欠かせない必需品です。
ガスコンロやガス給湯器は経年で劣化してくるので、突然故障をしてしまうことがあります。
給湯器から水が漏れていたり、異音や異臭などがする時は早めに修理の専門店に依頼することが大事です。
ガスコンロはガス機器の中でも、使用する頻度が高いため突然故障をすることがあります。
ガスコンロは火が付きにくいと感じたり、揚げ物をする時の温度調節が出来なくなることが多いです。
早めに専門店に修理を依頼することで、買い替えは必要なく部品の交換で済む場合があります。
信頼できる専門店を選んでおくと、出張費は掛かることが多いですが、見積もりは無料なので安心です。

ガス機器の点検は定期的に

ガス機器の点検は定期的に ガス機器、特に使用頻度の多いガスコンロの定期点検についてお伝えします。
ガスコンロは使用頻度だけでなく、料理中のふきこぼれやキッチン内の油汚れで傷みやすいものです。また、多くは着火時は電池で火種をつくるため、乾電池の交換を定期的にしておく必要があります。
ガスコンロの着火状態が良くない時は、まず乾電池の交換をすると思います。
多くの場合は、乾電池の交換で改善されますが、時にそうでない時もあります。
炎にムラがあったときは、乾電池の交換だけでは改善されません。
五徳(ゴトク)につまりがないか確認したりする必要があります。
小さな汚れなどをほったらかしにしておくと、それが固まりなかなか落ちなくなって、一層炎のムラがひどくなったりもします。
よく年末の大掃除でガスコンロの掃除をする御家庭もあると思いますが、一年に一回の掃除では、その間に詰まった汚れをとるのに、時間がかかります。
そこで、おすすめなのは定期的にそれもできるだけ短い期間に、点検ならぬ清掃をすることです。
油ものの料理やふきこぼれのあとには、そのつど簡単に拭き掃除をしたりすることが気持ちよく使えて、性能も維持できます。
そのほうが結果的にガス機器は長持ちします。

ガス機器の歴史は1972年にイギリスでガス灯が灯ったのがはじまり

ガス機器の歴史を振り返ると、1972年に日本は江戸時代のころにイギリスで世界で初めてのガス灯が灯り、1812年に会社がロンドンで設立されました。
その後日本では、1872年に横浜でガス灯が設置され日本で初めての会社も設立します。
1889年にドイツからガスエンジンが輸入され、1894年には行燈の代わりとして室内も使われ出します。
1902年にはガスかまどが登場し、1913年に東京以外の埼玉県や神奈川県川崎市にガスが伸びて、1926年には用途もお風呂や料理などで使う家庭用が中心となりはじめます。
戦後になるとガスの原料に石油を使われ、1957年(昭和32年)にはガス機器で自動炊飯器・自動点火コンロ販売開始、さらに昭和40年にはバランス型風呂釜の販売が開始されます。
また、昭和46年には新宿新都心でガスでの地域冷暖房も行われて、昭和55年ガスファンヒーター、平成20年にはコンロの全口に安全センサーが付きました。

突然のガス機器にトラブルが起こった場合の対処法

食事の支度をしようとしたところ、自宅のガスコンロに火がつかないなど突然のガス機器トラブルにあうと焦ってしまう人は多いです。
そこで自宅でのガス機器のトラブルが起こってしまっても、自分で行える対処法を把握しておくようにしましょう。
まず最初に確認すべきなのが、ガスの元栓が閉まっていないか確認し、2口あるガス機器を使用している場合、片方はつくのかそれとも両方ともつかないのかを確認します。
両方がつかないならガスコンロの電池切れであったり、ガスメーターによるガス遮断の場合が考えられますが、片方がつく場合は部品による問題が考えられます。
片方だけ火がつかない場合コンロの添加部品周りが汚れていたり、水漏れがあると安全装置が稼働している可能性もあるので、綺麗にすると改善する可能性が高いです。
これらの確認を行った上で原因がわからない場合は、ガス会社や住んでいる住宅の管理会社に相談をすることで、安全に解決することができます。

ガス機器を安心して使うことができるように点検と修理を行う

ガス会社のサポートを受けながらガス機器を使うときに、専門業者が法律をしっかりと守って管理を行ってくれます。
スタッフ対応が丁寧でガス機器のチェックを行ってくれるなど、安心して使えるように環境を整えていくことは大事です。
説明が丁寧な業者なら、安心して依頼することができるようになるため、対応が丁寧だと評判が良い業者を探すことをおすすめします。
修理が必要になった場合でも、事前の見積もりなど、丁寧に説明してくれるとトラブルが起こる心配もないです。
古い設備を使い続けているままだと、ガス漏れなどのリスクもあるため、安心して使うことができるように、点検と修理を安心して依頼することができる業者に注目することをおすすめします。
新しい設備に変えることで、火力調整がしやすくなったり、魚を焼きやすくなるなど、いろんな機能を使えるようになります。
ガス機器の買い替えの相談をするなど、相談しやすいスタッフを探すことも大切なポイントです。

ガス機器のサインを見逃さないよう注意しよう

長くガス機器を使用していると、給湯機の場合お湯の温度が決まらなかったり異音が出るなど、気になるサインが出ることがあります。
故障のサインにはいろいろな種類があり、ガス機器の温度が揺らぐと注意が必要です。
蛇口から出るお湯の温度がアップダウンするなど、一定しないことがあります。
給湯器から異音がすることもあり、お湯を出す際大きな着火音がすると注意が必要です。
オートやフルオートタイプの給湯器の場合、お湯張りはできるけど設定温度よりぬるいこともあるでしょう。
オート・フルオートタイプで、お湯張りができるが追い焚きなどができないことも多いです。
給湯器から煙が出ると注意が必要で、不完全燃焼を起こしているかもしれません。
このような場合危険ですので、使用は控えることをおすすめします。
給湯器を設置して数年なのに症状が出る場合、給湯器メーカーのメンテナンス部門に修理を相談すると安心です。
設置してから7年以上経過している場合、修理や交換なども視野に入れて検討すると良いでしょう。
10年以上経過しているなら、修理より交換がおすすめです。おかしな症状をキャッチして早めの交換が大事です。

ガス機器の取り替え作業は一般の方でも行える範囲があります

自宅内で使用している機器類の中には、ガス機器を備えている住宅も数多くあります。
給湯器やボイラーの場合は経年劣化により壊れてしまった際には、取り替えはガス会社に任せる方法やガス工事を行う会社に依頼をすることは必要です。
他にもガス機器として使っている機器にはキッチンで使うコンロがあり、テーブルコンロでもビルトインコンロでも、このタイプの機器は一般の方が自ら作業をしても問題はありません。
最初にガス機器と接続をしているホースのつまみを閉める必要があり、次にホースを外す作業が必要です。
横幅に合わせて新しいガスコンロを購入し、逆の方法で設置とホースの接続を済ませるだけで誰でも簡単に取り替えは可能です。
注意すべき問題はホースが劣化している可能性があるので、新品へと交換した方が安全です。
ガス管へと接続する部分を簡易的なクリップなどで固定をしている場合では、接続用のソケットを購入することで安全な接続を済ませられます。
ビルトインタイプのコンロの場合は、メーカーが異なっても同一規格のコンロとして製造をしているので、異なるメーカー品に交換しても問題はありません。

ガス機器の定期的な安全点検はとても大事なこと

ガス機器の定期的な安全点検は、とても大事な行程になります。もともとガス機器には安全装置が取り付けることが法律でも義務づけられていますが、長い間利用しているとどうしても経年劣化は避けられません。
もちろんそのような環境でも耐えられるよう丈夫には作られてはいますが、万が一の備えのためにも定期的なチェックを受けることは重要なのです。
特に地震などめったに起きない災害のときに、自動でガスの供給をストップさせないと大火災の原因にもなりかねません。二重三重の対応もガス会社として実施はしていますが、最終的には利用している私たち自身が意識することが重要なのです。
ガス会社の多くはこのような、安全点検をサポートしてくれるサービスを提供しています。
このほかにも水道管の修理など身の回りのインフラに対する付帯サービスを提供してくれることもあるため、相談してみると良いです。
特に上場企業やそのグループ会社は、価格面でも明朗会計で安心できます。

初心者がガス機器を買うときには見てわかる物を

初心者がガス機器を選ぶにあたり、一番大切な選び方は使いやすいことです。
使い勝手の良しあし、わかりやすさが最も重要となります。
初めて買うからこそ多機能でこだわりのある物を選んでしまいがちですが、自分自身でどんな機能を使うか理解してから多機能な物を買ったほうが、安全です。
なぜ簡単なガス機器をおすすめするのか、その理由は説明書がなくても感覚的に使うことのできる物を買うことで、危機に対しての抵抗を減らすことにあるからといえます。
よくわからない物を買って使いづらく、後悔するよりも感覚的に使える物のほうが日常生活でストレスが少ないです。
例えば給湯機を買うときにも、温度調節を目で見てわかる物にすることや、ボタンを押してお湯を沸かすだけでいいなどの物を買うことで、日常生活で困ることはありません。
コンロなどもお湯を沸かすだけでいいなら、グリルでの温度調節や様々なモードがついている物は不要です。
自分が使うときに便利な物を買うことが最良の選択です。ボタンの大きなもの、見てすぐわかる物を買うことをおすすめします。

省エネ時代のガス機器を上手に活用してコスト削減

ガス機器を上手に活用すれば、家庭内のエネルギー消費を抑えられます。
給湯は、家庭で使うエネルギー消費の約3分の1を占めています。
湯を沸かすためには、高温の熱が必要になります。発生した熱を空気中に捨てないで、回収して再利用すればコストを削減できます。
省エネに貢献するガス機器は、様々な特徴を持っています。
排気熱を再利用するので、従来のシステムに比べて給湯熱効率が大幅に向上します。
熱効率が上がると使用するガスの量も減らせるので、光熱費が安くなります。
地球温暖化は日本でも注目を集めていますが、省エネを実現できるガス機器を使えば二酸化炭素の排出量を減らせます。
設置費用は昔の給湯器よりも高くなりますが、ガス代が安くなるので3年から4年程度で元が取れます。
ガスを燃焼させると、熱交換器内を通過する水が温水になります。
高温の排気熱を活用すれば、少ないエネルギーで湯を沸かせます。
快適な生活に必要な給湯器を使いながら、地球環境の保護にも貢献できます。

ガス機器に搭載されている安全機能について

ガス機器は安全に使用する為に非常時にガスメーターが感知することで、ガスを自動的にストップする安全機能が搭載されています。
2008年の4月以降に製造されているガス機器は全てのバーナーに煮こぼれや点火ミスで火が消えた場合にガスをストップさせることが出来る立ち消え安全装置や、天ぷらをした際に油の温度が約250度を超えた場合にガスをストップさせて火災を防止する調理油加熱防止装置やガスの消し忘れ消火や早切れ防止機能といった安全機能が搭載されています。
また換気不良や湯沸かし器の排気口が詰まることで機器が不完全燃焼をして起きる二酸化炭素中毒の発生を防止する為の、不完全燃焼防止装置はガスの異常状態を完治してガスの発生をストップさせます。
不完全燃焼防止装置付きの機器には、シールが貼られています。ガス機器から多量のガスが漏れた場合にも自動的にガスをストップさせるヒューズガス栓に切り替えられていて、旧型のガス栓を使用している場合もヒューズ化する為の安全アダプターの設置が進められています。

高齢者専用住宅向けの最先端なガス機器の概要

日本は超高齢化社会となっており、全国各地に介護福祉サービスを実施している施設が点在するようになりました。
そのなかでも都市部だと高齢者専用住宅というものの需要が高まりを見せており、駅前などで存在を確かめることが可能です。
単身またはご夫婦で入居をすることができ、日常生活を安心して送れる工夫を室内随所に散りばめています。
ここでは最先端なガス機器で高齢者住宅向けのものを、詳しく紹介をしていきます。ガス機器は生活必需品であり、毎日の炊事から入浴で必ず使用をします。
以前は単にお湯を手に入れるためだけの機能だけしかありませんでしたが、最先端のものは「見守り」というシステムを搭載されているのがポイントです。
住んでいる方がガス機器を使用すれば、その情報が警備会社やご家族のもとに送られるのが特徴で、身の安全を証明できます。
ガス機器のなかにWi-Fiが組み込まれていて、インターネット回線と直結をして活用することが可能です。

最新ガス機器の説明書の重要な注意事項について

最新のガス機器の説明書には、安全性を確保するための重要な注意事項が含まれています。
まず機器の正しい取り扱い方法と安全な使用方法が詳細に説明されています。この情報を正確に理解し、守ることが重要です。
説明書では設置に関する注意事項が記載されています。
適切な設置方法や必要なスペース、換気の確保など、ガス機器を安全に設置するための指示が記されています。
これらの指示に従うことで、ガス漏れや火災などの事故を予防することができます。
さらに定期的な点検やメンテナンスの重要性も触れられています。
ガス機器は定期的な点検とメンテナンスを受けることで、安全な状態を保つことができます。
記載された点検・メンテナンススケジュールや手順に従い、定期的なチェックを行うようにしましょう。
ガス機器の使用時には、火気の近くでの使用や燃えやすい物質の近くでの使用を避けるように指示されています。
火災の危険性や爆発のリスクについても明記されていますので、これらの指示に厳密に従うことが重要です。

ガス機器の買取を歓迎しているお店は多いです

一般家庭でも料理を作るときはガスを使っているところが多いですが、飲食店などではガス機器は欠かすことができません。
その理由は、ガス機器は火力が強いので、中華料理を中心に厨房では必須アイテムになっているからです。
家庭よりも火力が強いことから、料理を作るときに短時間で火を通すことができ、美味しい料理を作り上げることができます。
ただ事業用のガス機器は値段が高いため、中古であっても需要が高く推移しています。
そのためガス機器の買取を依頼した場合、多くのお店で歓迎されます。
多くのお店や個人事業主が飲食店を経営するときに悩まされるのが初期費用で、厨房機器もそれらに含まれているでしょう。
全て新品で揃えて新しい気持ちでスタートしたいと考えていても、予算を考えなければならないので、中古で厨房機器を揃えることは少なくありません。
そのような層が多いため、買取ショップなどでも歓迎されるので、少しでも高値で買取ってもらうために複数に打診をすることをおすすめします。

ガス機器交換の詐欺集団に用心しなければいけません

連日テレビや新聞、ネットニュースでは半グレの詐欺被害が報道されています。
日本人の犯罪者が主導と成り、手洗い強盗事件を起こすことも頻繁にみられるようになっているのです。
犯罪者は自分が手を下さずに受け子、かけ子などに下請けさせ、凶悪な犯罪で金品を奪い去ります。
そしてもう一つ気を付けなければならないのが、ガス機器交換を装った詐欺集団も頻繁にみられるようになっているのです。
服装までガス機器メーカーの本物のユニフォームを着ていて、インターフォン口では身分証を提示し平身低頭な優しい語り口調で、つい信用してしまい玄関扉を開けてしまう人が後を絶ちません。
ドアを開けてしまえばそれが最後であり、集団の犯人が言えに突入し住人を縄で縛り、金品を根こそぎ奪っていきます。
ガス機器交換などは、事前に回覧場や掲示板で確認しておき、日にちが違う際の訪問は決して応対しないように注意しなければなりません。
近隣とも密にコミュニケーションをとり、犯罪に警戒することも大事です。

ガス機器の爆発は条件が重ならないと起きない

ガス機器を使っていて不安に思うのは、火災や爆発です。
可燃性であるガスは、火種があれば火がつきます。それが火災につながる原因です。
ただし爆発となると、ある程度の条件が重ならないと発生することはありません。
だからと言って安心できるわけではなく、条件にならないようにする注意が必要です。
特に重要なのが密閉空間を作らないということです。大量に充満したガスに対して、着火すると一気に火がついて爆風が発生します。
ガス機器からの漏れが長時間となり、部屋中に充満しているような場合は注意が必要です。
そのためにまずは漏れないようにすることが重要で、次に換気を行うことが重要となります。
この2つができていれば、最悪の事態にはなりません。
業務上ガスを利用するような時には、定期的な点検や換気を行うことが重要です。
目に見えないし、臭いだけで気がつくことは難しいので、検知器を利用して確実に気がつけるようにするようにした方がいいでしょう。

ガス機器のメリットとオール電化にするには充実した設備が必須な理由

戸建て住宅にお住いの方は、ガス機器として給湯器やガスコンロを使っている住宅も多数あります。
特に都市ガスではなくプロパンガスの場合では、世間一般ではガス料金が高めになるのでデメリットに感じることも多い傾向にあります。
ところが自然災害が発生した際には、プロパンガスは使い続けることができ、復旧させることも簡単なメリットはあまり知られていません。
現在ではオール電化住宅が増えていることにより、ガス機器を使わない住宅が多いのですが、オール電化にする以上、単に電気式の給湯器、暖房機、IHクッキングヒーターにするのではなく、太陽光発電と蓄電池をセットで設備にすることが重要です。
この設備が無いと莫大な電気料金が掛かってしまうので、メリットに感じることはできない状態になります。
電気料金の高騰の問題も回避するには太陽光発電と蓄電池があれば初期費用は高くなっても後に回収することができ、無理な節電をしなくても快適生活を送れるのではないでしょうか。

ガス機器の種類とその選び方に関する役立つ情報ガイド

日常生活に欠かせないガス機器ですが、適切な選び方を知っていますか。
キッチンにおける料理の相棒としても、リビングの暖房器具としても活躍するガス機器は、快適な生活環境を整える上で大きな役割を担っています。
本記事ではガス機器の選び方のポイントと種類について詳しく解説いたします。
まず、ガス機器を選ぶ際に確認すべき最初のポイントは、その機器が使用するガスタイプです。
都市ガス用とLPガス用では機器の仕様が異なりますので、既存のガス供給環境と合致する製品を選びましょう。
次に、ガス機器のサイズと設置スペースを測り、空間に合った製品を選ぶことが重要です。
また、ガス機器を選ぶうえで重要なのは、安全性への配慮です。
最新のガス機器には、消し忘れ防止機能や過熱防止機能など、安全を確保するための機能が搭載されていることが多いです。
これらの機能が取り揃えられた機器を選ぶことで、アクシデントのリスクを減らし、安心して使用することが可能になります。
さらに、エネルギー効率の高い機器を選ぶことは、環境保護と経済的な節約の両方に寄与します。
ガスコンロであれば、高効率バーナーを搭載したモデルを、暖房器具であれば放熱効率の高い製品を選ぶことが望ましいでしょう。
このように、ガス機器の選び方には様々なポイントがありますが、それぞれの家庭のライフスタイルや利便性を考慮しながら最適な製品を選ぶことが大切です。
安全かつ効率良く、長く愛用できるガス機器を見つけて、毎日の生活をより快適なものにしましょう。

展示会での最新ガス機器トレンドを理解するためのお役立ち情報ガイド

最近のガス機器業界では、省エネ性能の向上や先進技術の統合が注目されています。
これらのトレンドを把握するために展示会は欠かせない場です。
ここでは、最新のガス機器とその特徴を紹介し、選び方のポイントを提供します。
高効率でエコフレンドリーなガス機器は、省エネ法の規制対応だけでなく、家計の節約にも貢献します。
また、スマート機能を持つ製品も多く登場し、操作の便利さやセキュリティの向上が図られています。
家庭用ガス機器の選び方として、まずは用途や設置スペース、エネルギー消費効率を考慮することが大切です。
加えて、メンテナンスの容易さや品質保証、アフターサービスも重要な選択基準となります。
展示会ではこれらの情報に直接触れることができ、専門家に質問するチャンスもあります。
最新のガス機器を選ぶ際は、環境への配慮とコストパフォーマンスを実現する製品を探しましょう。
これにより快適で持続可能な生活空間を創造することができます。

ガス機器の寿命に関する知識とメンテナンスの重要性についての徹底解説

ガス機器は私たちの日常生活に欠かせない重要な役割を果たしています。
快適な生活環境を維持する上で、その安全性と機能を長期間保つことが非常に重要です。
本記事では、ガス機器の寿命に関する基本的な知識と、それを延ばすためのメンテナンスの重要性について解説します。
まずガス機器の寿命ですが、一般的には製造から約10年から15年とされています。
しかし、これはあくまでも目安であり、使用頻度やメンテナンスの状況によって大きく変わる可能性があります。
定期的なメンテナンスを怠ると、ガス漏れや故障といったトラブルを引き起こすリスクが高まり、結果として寿命を短くしてしまうことになりかねません。
メンテナンスのポイントとしては、定期的な点検や清掃が挙げられます。
特にガス機器には燃焼時に発生する水蒸気や油分などが蓄積しやすいため、これらをこまめに掃除することがトラブルを防ぐカギとなります。
また、異常な音やにおい、炎の色の変化など、日常的にガス機器から発せられるサインに注目し、異常が見られた場合には専門の業者に相談することが必要です。
ガス機器の安全な使用と持続的な性能維持には、日頃からの注意と適切なメンテナンスが不可欠です。
この記事を参考に、皆さんの大切なガス機器を長く安全に使い続けるための一助となれば幸いです。

ガス機器の安全利用と火災予防に役立つ知識と対策方法

家庭で頻繁に使用されるガス機器は生活に不可欠ですが、取り扱いには細心の注意が必要です。
誤った使い方をすると、最悪の場合火災を招く可能性があります。
そこで、ガス機器の安全な利用と火災予防についての知識を共有し、それを防ぐための対策方法をご紹介します。
初めに、ガス機器を使用する際には定期的な点検が不可欠です。
特にホースや接続部分は劣化しやすいため、経年による劣化や亀裂がないか確認しましょう。
また、ガス機器の近くには可燃物を置かないという基本的な注意点も忘れてはいけません。
これにより、もしガスが漏れた場合でも、火災に至る確率を大幅に減らすことができます。
次に、ガス機器の周囲には十分な換気を確保してください。
ガスが充満することで発火の危険性が高まるだけでなく、一酸化炭素中毒を引き起こす恐れもあります。
使用後は必ずガスの元栓を閉める習慣をつけ、不使用時のガス漏れを防ぎましょう。
もしガスの臭いがする場合には、絶対に火をつけずに直ちに換気を行い、ガス会社や消防へ連絡をとることが大切です。
万が一の火災に備え、家庭内には消火器を設置しておくとより安心です。
日常生活に欠かせないガス機器ですが、適切な知識と対策をもって安全に利用し、ご家庭での火災のリスクを最小限に抑えるために、これらのポイントを日々意識していきましょう。

ガス機器の適切なメンテナンス方法についてのご案内

私たちの生活にはガス機器が欠かせません。
ガス機器を安全かつ快適に使い続けるためには、定期的なメンテナンスが重要です。
日頃からの点検と適切な手入れにより、ガス機器の性能を維持し、災害を未然に防ぐことにもつながります。
特に注意が必要なのは、ガスコンロや給湯器などの消耗部品のチェックです。
これらは毎日使用されることが多く、自然と劣化や汚れが蓄積されがちです。
まずガスコンロについては、火力の低下や点火の不調が見られたら、バーナー周りの清掃を行いましょう。
点火プラグの汚れやゴミが原因でトラブルが起こることがありますので、定期的に拭き掃除を行ってください。
次に給湯器は、特に水垢やサビなどが内部に蓄積されやすいため、一定期間ごとに専門業者による内部調査やクリーニングを依頼することをお勧めします。
また、ガス漏れが最も危険ですので、異臭や異音を感じたらすぐに専門業者を呼びましょう。
また、ガス機器には自動的に異常を感知して作動を停止する安全装置が備わっていますが、こちらも定期的な点検が必要です。
安心してガス機器を使うためにも、取り扱い説明書に記載されている点検方法を守り、正しくケアしていくことが大切です。
安全で安心な暮らしを守るためにも、ガス機器のメンテナンスを怠らずに行いましょう。
そして日々の生活の中で些細な変化に気づいた時は、早めの対応を心がけてください。

ガス機器に関するお役立ち情報

宮崎市のガス機器についての情報

返信先:他1供給設備点検ってのがあるから! 給湯器を変えただけが、新規の設備なんてなると、やらないといけない事が増えるから。 これは、明確に書いてあるけどね。 供給設備のガス機器の交換って認識で、 壊れたものを交換する場合は点検項目が減る。 新規供給設備となると、点検項目は増える

いつも洗濯する時にオキシクリーンを ぬるま湯でといて投入するんやけど 洗面所でお湯出して…うん?点火ランプがつかへん 元々蛇口から出る水がぬるいから センサーが働かんかったのかキッチンの 蛇口は無事に点火 実はうちの給湯器2005年5月製 何年かにいっぺんのガス機器点検の 時に

-->